ライン

双極性障害研究ネットワークとは

ライン

双極性障害研究ネットワークは、当事者と研究者をつなぎ、双極性障害医療の新しい未来を創ります

双極性障害研究ネットワークができた経緯

2011年2月22-23日、英国大使館でUK-Japan気分障害ワークショップが開かれました。
その際、英国カーディフ大学のクラドック教授が英国におけるBipolar Disorder Research Network(BDRN)の実践をお話しされました。
このネットワークは、英国のBDRNの日本版として作られました。

双極性障害研究ネットワークとは

双極性障害の原因は未だ明らかではなく、診断法も、治療法も、完全ではありません。
このネットワークは、よりよい診療の実現のための研究の推進を目指します。

双極性障害研究ネットワーク (BDRNJ)は、研究成果の発信、研究参加のご案内を通して、
双極性障害の原因を研究している研究者と当事者・家族をつなぐネットワークです。

双極性障害研究ネットワーク (BDRNJ)

参加研究者

(50音順)
岩田仲生、岩本和也、尾崎紀夫、加藤忠史、神庭重信、久住一郎、
功刀浩、國井泰人、菅原裕子、高田篤、楯林義孝、富田博秋、
橋本謙二、橋本亮太、松尾幸治、山脇成人、吉岡充弘、吉川武男

Copyright (C) 双極性障害研究ネットワーク All Rights Reserved.